こわい話

 

こわい

 

一人暮らししてる友だちがいるんですけど

 

 

自分でめっちゃビビったらしい

私もビビった

 

私が最近見た一番こわい夢は

冬だったんですけど

寝てるとき足元にフワフワした毛のかたまり

みたいなのがあって

あ!猫がいる!あたたか〜い!

と思ってくっついてたら

足元にいるはずのねこ2匹が枕元にいて

じゃあ今私の足元にいるこの

あたたかい物体は…誰……

と思った瞬間目が覚めました。

それ以来足元に猫が来ても

ほんとに猫なのか確認する癖がつきました。

 

人の夢の話って結構どうでもいいよね

だって夢でしょ?ってなる

そのうえで自分の夢の話をしました。

 

 

作文の話

 

バイトの古森くんに番外編で載ってる

わたしが中学校の時

作文のコンクールで賞を取った時の話

結局眉毛はマジックで書いたまま

新聞に載ったんですか?とコメントが

あったのでお答えします。

 

「ええ、もちろん」

 

マジで取材直前のできごとだったし

油性マジックだったし

前髪で隠した方がマシなんじゃ?

みたいなこと言ったんですけど

いや校則的に前髪をピンで留めてないのは

絶対ないわみたいな感じで

返されて、そのまま載りました。

でもちょっと写真撮る記者さんが

アレ?みたいな感じで

事情説明したら

じゃあ作文を読んでるみたいな感じで

原稿持って少し下向いて撮りましょうみたいな

ほんと各方面に気を使わせてしまって

申し訳ない15の自分。

 

いやだって賞とるなんて

思わなかったくらい

ほんと意味のわからない作文を

書いたんです。

 

だけどその写真実際まあまあでかく

載ってまして

眉毛の違和感ありまくりで…

しかもうちで取ってない新聞だったんで

コンビニにわざわざお母さん

二部も買いに行ったんですよ

写真見て笑い転げてました

娘なのに……

 

でも賞をとって新聞に載るなんて

本当に親として

すごく嬉しいねみたいなこと言って

その新聞大切に取っておいてくれてたんですよ

 

その2年後くらいかな?

ねこのトイレの下に

汚れ防止みたいな感じで

私の載った新聞敷いてありました。

 

質問をもらって、作文のときの話をしよう!と

思った時

アレ?もしかして…と思って

学生の時使ってた机を探したら

 

 

その時貰ったたて?っていうのかな

なんかそんな感じのやつまだ取ってあった

でも私これじゃなくてトロフィーみたいなやつ

欲しかったです

人刺せそうなやつ

刺しませんけど

 

 

写真撮ろうとすると

すぐ猫がくる

 

1つはコンクールのたてで

もう1つはなんかその賞を貰ったことにより

町でのなんかの賞をもらったときのやつです

あとなんかその時にそのコンクールの

ちゃんとした表彰式を東京でやるので

交通費とか出すから来ないか?みたいな

話があったんですけど

平日なら学校サボれるけど

普通に土日とかだったので

行かないって即答した気がします。

後にも先にも表彰されたのは

この時が最後でしたね。

 

 

今日のねこ

 

 

旅行の準備してると

ドヤ顔で旅行カバンに入ってくる

 

コメントありがとうございます!

みなさんのアドバイスを受け

無事リュック卒業しました。

その話はまた気が向いたらしますね。

 

Advertisement